×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




Abriss
シュバルツカイザーとは。

 あなたはこれまでたくさんのアリアンの世界を見てきたかもしれません。
もしかしたらここで初めてアリアンロッドの世界の片鱗に触れた方かもしれません。
私は前者です。そしてこの設定を考えたPLとGMのほとんどが前者です。
だからこそ私たちはこの新しい試みに心躍らせ、また不安を感じています。

そもそもアリアンロッドとはいかなるものなのでしょう。
『「アリアンロッド」は"エリンディル大陸"と呼ばれる、我々が住む世界とは全く異なる世界
を舞台にしているTRPGだ。エリンディル大陸は、様々な種族、魔物、魔術、そして神々が実在
している、いわゆる剣と魔法のファンタジー世界である。プレイヤーの分身とも言えるPCたちは
秘宝を手に入れるために遺跡を探索したり、魔物退治を依頼されたり、この世界でさまざまな
冒険を行うことになる。』
これは、アリアンロッドのゲームデザイナーであるF.E.A.R社の菊池たけし氏が基本ルールブック
内で言っている言葉である。
基本的にこの世界は、ヒロイックファンタジーの世界であり、『世界の危機をこよなく愛する』
と菊地氏が言っておられるように主人公たちは悩んだりしながら成長し、
世界の敵である魔族に勝利を修める為に闘っていくことが多いのです。

さて、ここまで読まれたあなたは、私たちの不安と好奇心の理由がわかりましたか?
闇世界統一を目指すギルド、リーダーは邪神に魅入られた朱き瞳のエルダナーン。
アリアンロッドの世界観『ヒロイックファンタジー』とは逆行し、あまつさえリーダーが
ダークサイドともあれば、"魔族との闘い"という形での世界の危機は起こりえません。
むしろ自らが"世界の敵"になりそうな勢いの主人公たちです。

彼らがどうなっていくかはまだ分かりません。
この世界を作るのは私たちであり、あなた、そうあなたたちです。
私たちは常に意見を求めています。
GMになって世界の進む道を作ってください。
PLになって彼らの輩として進む道を選んでください。
そしてアイデアを出すことは、世界を作る上で最大の助けです。

そう、『「アリアンロッド」を進化させていくのは、キミが頭の中で温めていた、そのなにげない
アイデア』なんですから―――

2007年3月27日    柏陽煉斗
引用  アリアンロッドRPGルールブック  菊池たけし/F.E.A.R

リレーキャンペーンについて。

さて、普通キャンペーンというと、一人のGMが変わることなしに数人のPL(これもまた普通変わらない、
たまに増減はある。)を相手に一つの設定を根幹においてシナリオを作ってこれを同一PCを用いてプレイすることです。

しかし、私たちが参加しているTRPGのサークルである「南海TRPGしろくま」ではコンベンションプレイを基調とし、
みんなが好きなゲームに参加できることが売りなので普通のキャンペーンでは面白みにかけます。
そこで私たちが考えたのがオンラインセッション等で用いられている手法、「リレーキャンペーン」です。
「シュバルツカイザー」と「闇世界統一」と「PCの背景」をテーマに任命されたGMがシナリオを作り、4〜6人のPLがそれを乗り越える。
そして、今度はPLの一人がGMになり、今度はメンバーが入れ替わったPLたちがまた4〜6人でシナリオをプレイする。
これなら、開放的で気軽に参加でき、かつ自分の愛着あるPCでこれまた愛着のある世界を遊ぶことができます。
これからアリアンロッドの世界、TRPGの世界に足を踏み入れようとしている人でも、アリアンに熟練した人でも、
楽しむことができる、菊池たけし氏が目指すアリアンロッドというTRPGにより近づけることを願っています。

2007年3月27日   柏陽煉斗